Navigation
面接の際は話し言葉にならないようにする

面接の際は話し言葉にならないようにする

面接をしている際に話し言葉になってしまう方がいます。面接の終盤になると気が抜けてしまう事もあります。面接の終盤で友達と話すような言葉が出てしまうと、今までの良い面接をしてきていても、最終的な印象が悪い物になってしまう場合もあります。終盤だからと言って気を抜かないように気を付けなくてはなりません。また面接官の人が良い方だった場合は、序盤から気が抜けてしまう事もあります。人当たりが良く、話し方が柔らかい方でも、面接官と言う事を忘れないようにしましょう。この人であれば大丈夫だろうと考えてしまうと、不採用通知をもらってしまった際に、がっかりとしてしまう事になります。

しっかりとした敬語で最初から最後まで面接をするようにしましょう。どんなに練習をしても緊張から普段の話し言葉が出てしまう事もありますが、仮に出てしまった場合には、失礼しましたと言う言葉の後で訂正をするようにしましょう。訂正をする事も失礼な行動にはなってしまいますが、そのまま通すよりも失礼になってしまう事は無いので、気が付いた段階で訂正する事が必要になります。緊張している場面で気が付く事は大変ですが、おかしいと思ったら考えてみるようにしましょう。

就職・転職・求人や求人。役立つこのホームページがお勧め。