Navigation
面接の際は話し言葉にならないようにする

新卒と中途採用の面接の相違点

新卒と中途採用の相違点は、新卒者には将来の成長の可能性や潜在能力を見極めて採用するのに対し、欠員や事業拡大に伴って募集する中途採用者には実務能力や即戦力を求める点だと言って良いでしょう。履歴書一つをとっても、新卒者は「得意な学科」「スポーツ」の欄が広めに設けられている用紙を選ぶのに対し、中途採用の転職者は学歴欄が狭く「退職理由」「退職時の給与額」「出社可能日」などの項目のある用紙を選ぶのが基本となっています。

企業側は、面接では新卒者に対して、学生時代の専攻分野やアルバイトなどの体験を通して得たものを聞き、その将来性や入社後の勤務態度を推測しようとします。転職者に対しては、前職での仕事内容や実績、資格の有無や技能のレベル、失敗から学んだこと、その際に講じた改善策や工夫したことなどについての質問があり、会社にどれだけ貢献できる人材であるのか把握しようとします。その一方で、前職でのやり方に固執せず、新しい環境へ対応できる柔軟性や前向きな理由で転職してくるのかどうかの確認もします。

志望動機や自己PRは、新卒でも中途採用でも必ず聞かれる質問事項です。将来を期待され充実した研修制度のもとで育てられる新卒者であれば、意欲や熱意と言った抽象的な言葉も使えますが、即戦力として採用される転職者には、経験に依拠した具体性のある答えが求められます。