Navigation
面接の際は話し言葉にならないようにする

面接の際は1つ1つの言葉に反応する

面接官の方が話している最中は話しを静かに聞くと言う事が基本になりますが、少しでも印象を良くしたいと考えている場合には、1つ1つの言葉にしっかりと反応をするようにしましょう。相手の目を見て聞く事も1つの方法になりますが、それでは本当に聞いているのかわからないと考えたれてしまう場合もあります。1つ1つ言葉に反応をしている事をわかってもらう為に、相槌などを打つようにしましょう。あまりにも大きく相槌をしてしまうと余計に失礼になってしまうので、小さくうなずく程度で問題ありません。1回1回行うのは、面倒になってしまう方もいますが、面接はそれほど長い時間行われると言う事が無いので疲れてしまうと言う事も無いでしょう。相槌をするかしないかだけで、しっかりと聞いてくれていると思ってもらう事ができるので、自分を有利な立場に置く事ができます。

しかし行ってはいけない行動があります。分からない事があった場合はしっかりと言葉で伝えるようにしましょう、首を傾げる方もいますが、面接中は首を傾げる行動を行ってはなりません。面接官の方が、馬鹿にされているのではないかと感じてしまう、行動になるので首を傾げずにしっかりと質問をしましょう。