Navigation
面接の際は話し言葉にならないようにする

面接では面接官の表情を見る

面接で自分が話している場合は、面接官の方の表情をしっかりと見るようにしましょう。自分が話している内容にしっかりと耳を傾けてくれている場合は、話しを続けても問題ありませんが、つまらなそうな表情をしていると見えた場合はその話をなるべく早く切り上げる必要があります。興味が無い話しを長々とされても飽きてしまうだけで、自分の印象が良くなると言う事はありません。このような部分があるので、緊張をしている中でもしっかりと面接官の方の表情や態度、また目線などを確かめながら進めて行くようにしましょう。目を見て話す事が基本になるので、どんな方でも気が付く事ができるでしょう。

集団で面接をしている際は、しっかりと話しを聞いてくれている人とそうではない人に分かれてしまう場合もあります。この様な場合は話しを切り上げるべきなのか、そのまま話しを続けるべきなのか迷ってしまう場合もあります。このような場合は、半分以上の人が飽きていると感じたら話しを切り上げるようにしましょう。中には話を切り上げてもより深く話しをしてくださいと言う方もいます。そのような方の場合は、続けても問題ありませんが、そうではない場合は半分以上かを基準にしましょう。