Navigation
面接の際は話し言葉にならないようにする

集団面接の際の他の人の発言中について

集団面接の場合は1人の人が話しをしていると、他の方が聞いていなくてはならないと言う部分があります。他の人の面接の内容を聞いていても全く参考にならないと感じて、聞かないと言う場合もありますが、しっかりと聞いていると言う事を面接官の方に見せなくてはなりません。仕事では人の話をしっかりと聞かなくてはならない事が多いです。仕事をしている時よりも面接の方が緊張をしたと答える方が多い、全く聞かないでよそ見などをしていると、採用しても人の話しを聞く事ができない人だろうと思われてしまいます。これは自分を不利にしてしまう事なので、しっかりと話しを聞いておくようにしましょう。また他の人が話をしている最中に、自分の意見を言ったりする行為は絶対に行わないようにしましょう。話に割って入る事によって、常識がない人と判断されてしまう事になります。

面接で他の人が話をしている内容と自分の考えている事が、全く違う場合でも口出しをしないでしっかりと聞いていましょう。また落ち着きが無いのも良くないので、自分が話をしていない時もしっかりと緊張感を持つようにしましょう。自分の発言の機会に内容の濃い発言をたくさんすれば良いので、他の場合はあまり目立たないようにしましょう。