Navigation
面接の際は話し言葉にならないようにする

面接の際の座り方について

面接では座り方に気を付けなくてはなりません。椅子の背もたれに寄りかからないと言う事は当然の事になりますが、それ以外に注意をしなくてはならない事があります。女性の場合に多いですが、足を閉じる事を意識するようにしましょう。話す事に集中をしてしまうばかりに足が開いてしまう事もあります。女性が足を開いて座る事は、非常にだらしないと感じられてしまい、仕事もしっかりする事ができないと考えられてしまう事あります。足を閉じる事をしっかりと意識して面接終了まで過ごすようにしましょう。また男性の場合は少し足を開いていても問題ありませんが、開き過ぎる事が良くない事になります。女性のように足を揃えて座る必要はありませんが、あまりにも印象がわるくなってしまうような座り方はしないようにしましょう。

面接の際に座り方で採用が決まってしまうと言う事はないだろうと考えてしまう場合もありますが、座り方でも差が付く場合があるので、気を付けるようにしましょう。集団面接の場合は隣の人の足に、自分の足が当たってしまわないように注意をしながら、立ち上がったり座ったりする行動をするようにしましょう。座った際に他の人と比べると言う企業も中にはあります。